rakuten_bar2x

楽天市場を利用するメリット

 

Merit 1 全国のお客さんに商品を販売することができる

オフラインの店舗で商品を購入するためには、直接、その店まで足を運ばなければなりません。これに対してオンラインの店舗は、実際の店舗までの来店が不要で、ご自宅からでも商品を購入することができます。販売者にとっては、全国のお客さんをターゲットにできるため、売上のアップが期待できます。

 key_data_01

key_data_02

資料参照 : 楽天市場HP(http://corp.rakuten.co.jp/about/strength/data.html) 2014年9月15日 現在

Merit 2 店舗内装費用がかからない!

投資・経営ビザ取得の場合、ネット通販でも、事務所を持たなければなりませんが、来客がない場合は、内装費用がかからないため、初期費用を安くすることができます。必要なものはパソコンと電話機だけ!

 

Merit 3 初心者でも安心。楽天市場のECコンサルタントによる徹底サポート!

楽天市場のECコンサルタントが、あなたのショップの経営を全力でバックアップいたします!

 

 

investment_nagare_bar global_investment_flow   investment_point_bar point 1 事業所の確保 日本国内に営業の本拠地となる事業所を確保しなければなりません。たとえばインターネット通販業務のように、来客の必要がなく、商品は発送のみとする場合であっても同様です。   point 2 原則2名以上の従業員の雇用が必要 この2名以上の雇用とは、必ずで必要ではありません。2名以上の雇用とは、一定の規模を設けたものであり、会社を運営できるのであれば、これを下回っても許可が下りる場合もあります。   point 3 500万円以上の投資額が必要 この500万円以上の投資額は、会社の資本金を意味しません。つまり、会社を設立するために支出した費用の合計額が500万円以上であれば大丈夫です。500万円に含まれる金額として、事業所を確保の土地または建物の賃借料、従業員の賃金、事務用品購入費、印紙税、行政書士利用料などがあります。事業を実質的に行うために支払った費用はこれに該当します。   point 4 継続性が認められること 継続性とは、2年目以降も事業を続けることです。最初の許可申請のときにも判断させる要件ですが、更新のとき、継続性がないと認められたときは、更新不許可となることもあります。   saiyou_bar_002   point 1 入管手続のプロ、行政書士が対応いたします! 日本行政書士連合会所属、全国の行政書士ネットワーク使用。入管手続の専門家が貴社をバックアップいたします!   point 2 更新期間アラームサービス付き! 変更後の在留資格の更新期間が近づきましたら、当事務所からご連絡します!期限切れにならないよう、サポートします。   point 3 会社設立・各種許認可取得もサポート! 日本で会社を経営するため必要な各種手続もお任せください!あわせることで金額はさらにお得!   houshu_bar   【All in one】 投資・経営ビザ申請のすべてをお任せ!

含まれる サービス内容
    1. 相談・打ち合わせ
    2. 提出書類の確認
    3. 申請書の作成
    4. 提出書類の準備・作成
    5. 入国管理局への提出
    6. 更新期間アラーム

 

報酬額

投資・経営ビザの取得        : 130,000円~

※ 上記金額のほか、消費税および収入印紙代が必要です。 ※ 別途交通費が発生する場合があります。

shindan   無料在留資格(VISA)診断サービスをご希望の方は、下記をご入力後ご送信ください! 原則として3営業日以内に電話またはメールにて回答いたします!  

お名前またはニックネーム (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (任意)

現在の在留資格 (必須)

ご希望の在留資格 ① (必須)

ご希望の在留資格 ②(任意)

ご希望の在留資格 ③(任意)

メッセージ(任意)

 確認画面は表示されません。上記内容でよろしければチェックしてください。